真理子レディースクリニック

023-632-0666

文字サイズ

診療について

緊急避妊法(アフターピル)

コンドームが破れた時、性交渉の最初から避妊しなかった時など ・・・・・・ etc…
72時間以内にホルモンの薬を飲む方法です。
『72時間以内に内服開始すれば良い』といわれています。
効果
ほぼ100%近いです。かなり期待できます。後から避妊できる最終手段です。

ノルレボ錠

「危ない!」 と感じたとき
(避妊しない、途中から避妊、コンドーム破損 ・・・etc)
ノルレボ錠 1.5mgを1錠 内服していただきます

お値段
自費診療です。
★次回、月経後にクラミジア検査など感染症検査をされるとより安心でしょう。
★これをきっかけに他の避妊法もお考えになってみたらいかがでしょう。
 お産された方 → 子宮内避妊リング (今回5日以内に入れるとより安心です)
 未婚の方など → 低容量ピル (次回月経後より)

月経調節

旅行や試験、スポーツの大会などに月経が丁度ぶつかってしまいそうな時
・・・・・・・・・・月経日を調節することができます!!!

費用 自費診療となります。 調整日数や使用薬剤により若干お値段は変わります。
お値段はおよそ¥3,300~4,400程度になります。
方法 いずれも ピルを内服します。( ただし①②では、避妊はできません)
  • ① 早める方法・・・月経開始5日目以内にピル(中容量ピル、低容量ピルの場合は3日以内)を 7~10日間、服用していただきます。
    薬を飲み終わって2~5日で月経様の出血が早くきます。
  • ② 遅らせる方法・・・予定の月経が始まる1週間前から延ばしたい間ずっと、ピル(中容量ピル)を飲み続けます。
  • ③ その他・・・月経不順で全く予測のつかない方は低容量ピルで、数ヶ月前から調整すると良いでしょう。
★月経調節の方法はいくつかございます。
★予定が決まりましたら、なるべく早くに一度ご相談いただくと良いでしょう。
★月経不順の方は、予め基礎体温測定を行って頂くと月経調節の参考になります。

婦人科系の病気

カンジタ膣外陰炎

原因 カンジダというかび(=真菌)がいつもよりも増えている状態です。
疲れていたり抵抗力や免疫力が衰えている時、抗生物質を飲んだ後
妊娠中、糖尿病の方、ステロイド(=副腎皮質ホルモン)を飲んだ方、
湿度が高いときなどにかびが増えてしまうと症状が出てきます。
(雨の季節)
症状 皮膚がカサカサ 痒くなり、皮膚が切れて痛くなったりします。
白いポロポロとしたおりものが増えてきます。
治療 膣内を消毒 して、1週間効果のある 膣錠を入れます。
(もしも薬が出てしまったら、早めにいらしてください。)
塗り薬として・・・
(1)抗真菌剤クリーム は 治療の薬です。
   痒い部分の回りも十分含めて、一日2回程度 薄―く塗ってください。
(2)痒み止め軟膏は、痒い時には、一日何度でも 重ねて塗って下さい。
● 頻繁に繰り返す方には、飲み薬による治療も行います。
注意 入浴の時、せっけんはしみるかと思います。
痒くても、なるべくかかないようにして下さる方が、治りが早い様です。

子宮頸がん予防ワクチン

※子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス16・18型に対してだけのワクチンです。
他に尖圭コンジローマといういぼなどを防ぐ。
6・11型にも対応します。
※効果は70%と言われています。(他の型のウイルスには効果が無い為です)
※3回の接種で100%の免疫が出来ます。
※効果はおよそ20年以上続くと言われています。
※10才から御幾つまででも受けられます。
※ワクチンを接種しても定期的に子宮頸がん検診は受けられた方が安心でしょう。

種類と接種時期 サーバリックス ガーダシル
初回(当院での) 初回(当院での)
初回接種から 1ヵ月後 初回接種から 2ヵ月後
初回接種から 6ヵ月後 初回接種から 6ヵ月後
<全て 予約制>
※公費助成の方(中学生・高校生など)も大丈夫です。
接 種 時 期  金額
初回(当院での)  16,500円
初回接種から 2ヵ月後  15,000円
初回接種から 6ヵ月後  15,000円
 合計  46,500円
<全て 予約制>

受付

受付時間
月・火・水・金午前8:30~12:00
木曜日午前8:30~11:00
土曜日午前8:00~11:00
月・火・水・金午後14:00~17:00
休診日:日曜、祝日:木曜・土曜午後

※○
※○

休診日:日曜、祝日:木曜・土曜午後